nikirism

かっこよくなりたい男のブログ〜俺も愛を証明したい〜

【肌値上げ】美肌を目指すならアスタキサンチン【サプリ】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

イケメンの要素の1つとして肌の綺麗さが重要

肌が綺麗というだけで透明感があるだけで、同じ顔でもイケメンに見えるかブサイクに見えるかくらいの重要度が肌にはあります。

最近だと、韓流アイドルが分かりやすいです。顔のパーツや配置など、中にはイケメンではない方も正直多くいます。しかし、綺麗に見えるのでイケメンに見えます。

 

例え、顔のパーツや配置が悪くても肌を綺麗にするだけでイケメン風にはなれます。

 

なぜか??

 

これは、人間の本能に基づいていて

イケメンがモテる理由も、より丈夫で健康な子孫を残せるからと言われています。

イケメンは、異性からモテるので遺伝子が途絶える可能性が低い。

 

その判断の1つに、肌があります。

理由は、肌が綺麗=健康状態がいい からです。

 

身体の健康状態と肌が関係しているのは、皆さんご存知だと思います。

 

では、肌を綺麗にするには、どうすれば良いか

・生活習慣を整える

・スキンケア

の2つが大きなポイントです。

 

特に、スキンケアには

・外的アプローチ

・内的アプローチ

の大きく2つに分けた中から、さらに複数の意識する点があります。

 

本記事では、そんな数ある意識する点の内的アプローチの中から、サプリメントに焦点を置き、美肌を目指す上で摂取した方が良いサプリメントを紹介します。

 

今回紹介するサプリメントは、アスタキサンチン

アスタキサンチン サプリ 美肌

 

アスタキサンチンとは

アスタキサンチンは赤色の天然色素で、甲殻類や魚類などの海洋生物に多く含まれている。
有名なビタミンCの6000倍、コエンザイムQ10の800倍、αリポ酸の75倍、ビタミンEの1000倍の強い抗酸化作用があると言われている。また、眼精疲労の予防や腎疾患の予防、肝機能の向上など、

 

1日当たりのアスタキサンチンの摂取量の目安は、3~12mgと言われている。
この量を食品から摂取しようとすると、12mgの場合、紅鮭であれば12切食べないといけない計算になるので効率が悪すぎる。よくアスタキサンチンの記事に鮭がオススメと書かれ、料理レシピとともに載せられている。確かに鮭は、アスタキサンチンだけでなく肌において最強フードであるが、効率が悪い。

 

今のところアスタキサンチンに副作用はないと言われているが、アスタキサンチンは脂溶性成分なので、過剰摂取すると体内に蓄積される可能性があるため、過剰に摂取した場合は、胃痛や腹痛が起きるケースもあるので、過剰摂取には注意が必要。

 

アスタキサンチンと肌

酸素を必要とする人間は、日々酸化していると言われています。

酸化作用と抗酸化作用のバランスがとれていれば問題はないですが、ストレスや紫外線ダメージ、過度な運動などにより、酸化のスピードが上がる。また、老化が進むので抗酸化作用は日に日に弱くなる。

アスタキサンチンには、強い抗酸化作用があります。

身体の老化を抑えることや、酸化が原因となりうる疾患を防ぐことにも繋がる。


特に肌においては、紫外線ダメージによって酸化が進むことを気にしないといけない。紫外線ダメージは、肌のシミやしわ、弾力の低下なども引き起こす。

 

多くの人が、酸化を重要視していないですが、切ったリンゴを放置すると、酸化して茶色くなり水々しさも無くなりカピカピになります。これが酸化による老化です。特に紫外線を浴びると表皮で大量の活性酸素が作られるのはご存知だと思います。りんごが自分の肌だと考えると恐ろしいです。

 


美白効果

人間の肌は、肌の表面から角質層、顆粒層、有棘層、基底層の4つの層で構成されている。基底層には、日焼けの原因となるメラニンを作り出すメラノサイトという細胞があり、メラノサイトは太陽光の紫外線に反応し、紫外線から肌細胞を守るためにメラニン色素を産生。このメラニンの影響により、肌は日に当たると黒くなってしまう。


アスタキサンチンは、メラノサイトが活性化するのを抑制する効果があるので、メラニン色素の産生が抑えられ、肌が黒くなりにくくなる。

シミの抑制
約28日のサイクルで表皮細胞が基底細胞から分裂し、角質となって肌から剥がれ落ちるターンオーバーがスムーズに行われると、メラニン色素も排出されるので日焼けであれば、約1か月後には元通りの肌の色に戻ります。

 

しかし、肌のターンオーバーのサイクルが乱れたり、メラニンが排出される前に新しいメラニンが産生された場合、メラニンが肌にたまってしまうので、シミができる。

 

アスタキサンチンにはメラノサイトが活性化するのを抑制し、メラニン色素の産生を抑える効果があるので、シミが作られるのを防ぐ。

 

ニキビの抑制
ターンオーバーがスムーズにできない状態となっているときは、角質が肌から剥がれ落ちるのに時間がかかり角質がはがれなければ、毛穴の角質が肥厚します。

そのため毛穴の出口が狭くなり、ニキビができやすい肌の状態となってしまう。


アスタキサンチンには、肌のターンオーバーを促進する働きがあるので、周期が安定して毛穴の出口が狭くなる原因を解決し、ニキビを予防・改善することにつながる。

 

保湿効果
保湿に大きく関係する成分は、加齢・酸化ストレスなどで減少が加速する。


アスタキサンチンには、強い抗酸化作用があるので、保湿に関係する成分の減少を抑える。

シワの抑制も同様。

 

アスタキサンチンの買い方

iherbがオススメです。

 

アスタキサンチンのオススメはこちらiHerb.com - Shopping Cart

12mgが万人にオススメですが、12mg摂らなくても効果感じる方もいます。

 

俺の経験では、乾燥肌やシミなどが気になる人は12mgが良いです。

それ以外なら、4mgでも問題ないです。安いですし。

 

また、購入時にカート画面で紹介コード「LSD392」を入力していただけると嬉しいです。

割引にもなります。