nikirism 

地方男子大学生トレーニーのブログ

【ダイエット】ストレスホルモン「コルチゾール」は、ダイエットの味方でもある!!


ブログランキングに参加しています!
応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コルチゾールというホルモンを知っていますか?一般的にコルチゾールは、ストレスホルモンと言われ、中には聞いたことがある人も多いと思います。しかし、人間に必要のないホルモンなどなくコルチゾールもまた必要なホルモンです。

 そして、ストレスはダイエットの敵。ストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールですが、適度なコルチゾールはよりダイエットを促進させるというメリットがあることも本記事では紹介します。

 

 

コルチゾールとは

コルチゾールとは、副腎皮質から分泌されるホルモンの1つで、ストレスに反応し分泌されることからストレスホルモンとも呼ばれる。

 午前2時〜4時頃に分泌され、朝の起床時が多く、夜の就寝前が少ない。コルチゾールにこのような特徴があるのは、コルチゾールがストレスに反応するホルモンであるからです。この時間帯は、睡眠時間の間エネルギー摂取がないというストレスがあり、人間は寝ている間も動いて活動を続けています。そのためのエネルギーがないので、ストレスを感じます。

主な働き

・肝臓での糖の新生

・タンパク質代謝の促進

・脂肪細胞での脂肪の分解などの代謝の促進

 

なぜコルチゾールはダイエットに悪影響?

ストレスホルモンであるコルチゾールは、過剰に分泌されることで悪影響を及ぼします。はじめに書いておきますが、ほとんど全てのホルモンも過剰に分泌されると悪影響です。

 

食欲が増す

コルチゾールは、食欲を抑える働きがあるセロトニンというホルモンを減少させます。そのため、セロトニンが不足すると食欲が爆発しがちです。

 

脂肪の蓄積を促す

脂肪の蓄積にも働くインスリンの過剰分泌を促し体脂肪として蓄えられやすくなる。

 

痩せにくくなる

成長ホルモン分泌を抑制するため代謝が落ちる。代謝が落ちることで、消費カロリーが減り痩せにくい身体になる。

 

コルチゾールはダイエットの敵ではない

上記で、コルチゾールは睡眠中のエネルギー不足というストレスに反応しているホルモンであると述べましたが、ただ反応するだけのホルモンではなく脂肪酸を燃焼させて、エネルギーを作るホルモンでもあります。このことからわかるようにダイエットに効果的なホルモンです。

 

コルチゾールを味方にする!

ここまで読んで、コルチゾールの良い面と悪い面がわかったと思います。しかし、上記のコルチゾールはダイエットの敵ではないを読んで過剰分泌した方が脂肪がよりエネルギーになるんじゃないか?と思う方もいると思います。

 しかし、そうではありません!!なぜなら、コルチゾールは寝ている間と起きている間に分泌されるホルモンの組み合わせによってメリットになるかデメリットになるか変わるからです。コルチゾールが分泌されやすい時間帯と理由からもわかるように、日中に過剰分泌されると、良くないことが多くなりやすいです。

 

起きている間

そもそも起きている間は、食事からエネルギーを摂取しているのでコルチゾールが必要ないことはわかると思います。しかし、生活している上でストレスがないことはないです。日常的なストレスや、特にそれによる睡眠不足コルチゾールの過剰分泌を促します。この時、食事からエネルギーを摂取すると通常インスリンが分泌されますが、コルチゾールが過剰に分泌されている状態は、インスリンの過剰分泌につながります過剰に分泌されたインスリンは、糖を脂肪細胞に送り脂肪を増やす

 又、上記のセロトニン不足からの食欲爆発が起こると摂取カロリーが増えがちで、より危険です。ダイエットのストレスからのキレ食いでリバウンドの原因は過剰なコルチゾールと過剰なインスリンです。

 

味方にする方法

一番はストレスをなくすことですが、これは難しいです。簡単にできる大切なことは、睡眠をしっかり取ることです。特に午前2時〜4時にしっかり寝て、適切な時間に適切なコルチゾールを適切に分泌させることです。

 

寝ている間

睡眠することで、成長ホルモンが分泌されます。上記で敵となる理由で示した代謝の低下も防ぎます。これによって、日中の消費カロリーが増します。又、コルチゾールによる脂肪燃焼効果もあります。

 

おまけ

起床時にコルチゾールの分泌は多くなります。そこで、朝ごはんを食べるとインスリンが分泌され太る?と疑問に思う方がいると思います。しかし、ここで思っていただきたいのは朝食を抜くことで身体はエネルギーが入ってこないと判断します。そして、それはストレスなのです。

 ここでわかると思いますが、日中のコルチゾールの過剰分泌につながります。朝ごはんをしっかり食べ、日中はインスリンがエネルギーを作り、夜中はコルチゾールがエネルギーを作る。三食きちんと食べて、しっかり寝るという案外当たり前のことが、身体にとっては最も理にかなっています。というより、身体の理から考えられたという方が正しく感じます。

また、寝る2時間前や寝る3時間前に食べるのは良くない・太るなどと聞いたことがあると思います。ここまで読んだ方は、わかると思いますがインスリンの関係です。ただ、カロリー収支が適切ならば、太りやすいという方が正しいかもしれません。

 

おわりに

最後まで読んでいただきありがとうございます。

人間の身体は、本当に良くできています。全てのホルモンなどの分泌は必要だからこそ分泌されています。つまり、そのホルモンとうまく付き合い、いかに適切に働かせてあげることができるかが大切です。また、ダイエットはストレスです。特に、食事制限はストレスです。なぜなら、カロリー収支がマイナスにならないと痩せないからです。その状況下をストレスと感じないわけがないです。そこで、ストレスとうまく付き合える方法を探すしかないです。ある意味、ストレスを受け入れる、ストレスを求めるという

スタンスや考え方も個人的には必要かなと思います。極端な食事制限や極端なダイエットはホルモンを乱します。本記事のコルチゾール1つにしても、極端な食事制限などのストレスから過剰分泌されれば食欲が増し、さらに過剰分泌されたインスリンでリバウンドすると先述しました。

ストレスを受け入れれる範囲のダイエット、案外小さい我慢や制限のダイエットの方が身体は最高のダイエット効果を与えてくれるかもしれません。少しでも何かの参考になれば嬉しいです。最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

睡眠が大切なのはわかったけど、寝れない方、寝れないことがストレスな悪循環に陥ってる方はこちらの記事を参考にしてみてください。

www.nikirism.com