nikirism 

地方男子大学生トレーニーのブログ

【ダイエット】ダイエットを理解すれば、ダイエットにモチベーションはいらない!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

・ダイエットのモチベーションが保てない

・ダイエットが続かない

・ダイエットしたいとは思っているけど行動できない

など、ダイエットを続ける方法ダイエットのモチベーションの維持に悩んでいる方いませんか??そもそもなぜ貴方はダイエットをしようと思ったのか?を理解し、また行動に移せない人は、なぜダイエットをしたいと思っているのかを理解すれば必ずモチベーションを保つことができます。もし、それを理解してもモチベーションが保てないのならばダイエットは貴方を幸せにはしないのでやめたほうがいいです。

本記事を読んで参考にしてみてください。

 

 

なぜダイエットするのか?

貴方は、なぜダイエットをしていますか?なぜダイエットをしようと思いましたか?

夏が近づくとダイエットをする人は増えます。服が薄着になり露出の機会が増えボディラインが気になる、海に行くから、アウトドアで身軽に動きたいからというようなシーズンに合わせたダイエットや、シーズンを問わず体型維持のため、スタイルをよく見せたい、昔の身体に戻りたいなどのダイエットもあります。また、常にダイエットをすることで痩せて綺麗になりたい、身体をよく見せたい、モテたいなどの全てがダイエットをする多くの理由だと思います。そして、この全てにおいてダイエットをする理由で共通することが1つあります。それは、ダイエットをすることでメリットを得たいということです。

 

ダイエットは手段の1つ

ダイエットは、メリットを得るための手段の1つです。

モテるために痩せたいを例にとると、確かにダラシない身体よりもシュッとした身体の方が一般的にモテるともいます。芸能人やモデルの方も確かにほとんどの方がストイックに体型維持に取り組んでいます。しかし、モテるための手段はダイエットだけではないはずです。身だしなみを整えたり、ファッションにこだわってみる、得意なことをするなどモテるための手段は他にもあると思います。では、なぜダイエットを手段として選ぶのか?それを考える必要があると思います。もう一度貴方の目的を考えてダイエットという手段がその目的に対して正しい効率的な最も良い手段なのか考えることも大切です。

 

ダイエットを手段として選ぶ理由

・一番大きな変化を得れるから

身体が変われば、目に見える変化としてとても大きいです。アクセサリーを変えても気付く人は少ないですし、前髪を少し切っただけではなかなか気づかれないです。身体を変えることは、見た目の中で一番大きい変化になります。

・手軽さ

ダイエットは、消費カロリー>摂取カロリーの状態を継続すれば基本的に成功します。消費カロリーを運動や筋トレで増やし、食事制限で摂取カロリーを減らせば簡単に行うことができます。特に、摂取カロリーを減らす点は食事を変えるでけなので余分の時間をかけることなく行える手軽さがあります。

 

そのダイエットは幸せか?

ダイエットは、メリットを得るために行う手段の1つと書きました。メリットを得るために何かを行うのは、時には辛いこともあります。しかし、多くの人は辛くても辛いことの先にそれ以上の幸せがあるからこそ頑張れると思います。本当は学校や仕事に行くのが辛くても行くのは、単位を取って卒業するためや給料をもらうためだと思います。もし学校に行ってもずっと卒業できなかったり、仕事をしたのに給料がもらえなかったりしたら、ただ辛いだけなのでやめると思います。ダイエットも同じように、もしその目的が幸せになれないものならやめたほうがいいです。

 

ダイエットにモチベーションはいらない

ダイエットが続かない、ダイエットをしたいけどできないなどの人は、ダイエットをすることが手段ではなく目的になっていると思います。手段の1つだと理解すればモチベーションなんていりません。ダイエットを続けるモチベーションが保てないという人が多いですが、おかしいことに気づくと思います。

そして、ダイエットが続かない人やダイエットをしたいけどできない人の多くは内心では今の自分に満足している場合がほとんどです。本当に変えたいと思うのならば、その目的を達成するための最善の手段を取るからです。

 

おわりに:それでもモチベーションが保てない人へ

僕自身、減量をしています。ダイエットは確かに辛いです。ダイエットは、なりたい身体になるための手段だと理解していても辛いです。ダイエット中に辛い時もうやめようかなと何度も思います。ランニングをしていて、焼肉屋やラーメン屋の美味しそうな匂いがするとやめたくなります。そして、すぐ目の前のコンビニに入ってお菓子や好きなものを食べればいつでもダイエットはやめれます。そんな時に自分はなぜダイエットをしているのか?から順番に考えていくことで僕は乗り切っています。なりたい身体があるからやる、なりたい身体やダイエットの目的を何度も想像することがダイエットのモチベーションの保ち方だと思います。そう考えると辛くて心が折れそうな時も、これを待っていた!と思えると思います。水泳でいうと息継ぎです。これがあることによって辛かったはずが更に前に進みゴールに近づけるのです。

それでも、ダイエットが続かない人もいると思います。それならば僕はダイエットをやめたほうがいいと思います。ダイエットをすることで幸せになれない、メリットがないならばやめたほうがいいのは間違いないです。ダイエットをしなくても、幸せになれるメリットを得れる手段を探し実行してもいいと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。