nikirism 

地方男子大学生トレーニーのブログ

【ダイエット】脂質と炭水化物の組み合わせを考えるだけ!野生に戻ろう【簡単】


ブログランキングに参加しています!
応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ダイエットが続かなくて悩んでいる方いませんか?

 

運動が辛い、食事が辛いというのは当たり前ですが、

ダイエットになると、急にラーメンやハンバーガーやスナックなど

ジャンクフードを食べたくなりませんか?

 

本記事で、ジャンクフード(脂質と炭水化物の組み合わせ)を理解して

ジャンクフードから解放されてください。

 

僕たち、人間は脂質と炭水化物の組み合わせから解放されるのは不可能です。

なぜなら、人間が脂質と炭水化物の両方を食べることができるからです。

 

 

 

炭水化物と脂質は、同時に食べるな

炭水化物は、インスリンのスイッチというのは皆さん知っていると思います。

炭水化物を食べるとインスリンが出て血液中に栄養を取り込みます。

この時、アミノ酸は筋肉、グルコースは肝臓と筋肉、脂肪は体脂肪に取り込まれます。

 

例えば、

炭水化物のみ(米など)を摂取した場合は主に筋肉に取り込まれ、食べすぎて余剰した場合のみに体脂肪に取り込まれます。

しかし、牛丼(炭水化物と脂質の組み合わせ)を食べた場合は、炭水化物によってインスリンのスイッチが押され、肉の脂肪が体脂肪に変換されやすくなります

 

また、簡単にいうと低糖質ダイエットは、インスリンのスイッチを押さないダイエットなので脂肪の多い肉を食べてもスイッチが押されないので、体脂肪に取り込まれないというわけです。

 

炭水化物と脂質の組み合わせは、脳内麻薬

炭水化物と脂質を組み合わせた食べ物は、自然界にほぼ存在しません。

個人的には、炭水化物と脂質は人間が気持ちよくなるために作った都合の良いものだとさえ思います。(僕は、この組み合わせ好きです)

 

炭水化物と脂質を同時に摂取すると、脳内でセロトニンやドーパミンなど

興奮作用や幸福感を感じるホルモンが分泌されます

セロトニンは、幸せホルモンとも呼ばれますよね。

 

このホルモンは、幸せホルモンなどと呼ばれるように

ランニングをしたり、トレーニングをしたりしても分泌されるので

これ自体が、悪いホルモンではないです。

 

問題なのは、食べるだけで幸福感などを得れるという依存性

そして、この食べるだけという手軽さが依存性を高めます。

 

ランニングをしたり、山登りをしたりなど

久しぶりに運動すると気持ちいいですよね?

でも、疲れます。

 

食べるだけには、それがないんです!!

着るだけで痩せる、飲むだけで痩せるなど

多くの人が楽して幸せになりたいんです。

 

おわりに:野生に戻るダイエット(超自論)

炭水化物と脂質の組み合わせは自然界にほぼ存在しないと上述しました。

野生の動物を見ても、特別太っている動物はいないのはなぜか?

 

それは、自然界には炭水化物と脂質の組み合わせがほぼ存在しないから(超自論)

つまり、自然の動物が食べる食事をすれば太りにくいのでは?と僕は考えます。

 

確かに、自然界には脂質と炭水化物があり、組み合わせることができますが草食動物と肉食動物がいます。

つまり、脂質と炭水化物の両方を食べる動物は人間しかいないのではないでしょうか?(自論なので専門的ではない。いるかもしれない)

 

しかし、歴史の教科書を見ても、なぜか太っているネアンデルタール人やクロマニヨン人を見たことがないです。現在の人間になってから、とりわけ食が豊かになってから人々は太り始めたと僕は思っています。そしてそれは、単に食が溢れているからではないと思います。

 

ハンバーガー、ラーメン、カレー、牛丼、クッキー、ケーキなど

ジャンクフードと呼ばれるようなものは、ファーストフードとも呼ばれます。

ファーストフードは、人間の生活が変化してきた中で生まれた人間の食べ物です。

 

また、今では塩や砂糖など調味料も簡単に手に入ります。

脂質とタンパク質しかない肉に、炭水化物を加えることが可能です。

炭水化物しかない野菜に、脂質を加えることが可能です。

 

例えば、

多くの人が野菜を食べているのに、ドレッシングを食べています。

牛丼にしても、肉と米の方が太りにくいと思います。

 

人間は、炭水化物と脂質を組み合わせることができますが

自然の組み合わせで十分に快感を得ることができるはずです。

 

脂質と炭水化物の組み合わせは、確かに依存度が高いですが

脂質源と炭水化物源が、自然のものと離れすぎていると思います。

 

脂質と炭水化物の組み合わせは、ジャンクフードです。

ジャンクフードをやめると、食べたくなります。

それが依存です。

 

ただ、きっぱりやめるのは人間には無理です。

なぜなら人間は、脂質と炭水化物を食べれる動物だからです。

 

やめるのではなく、変える

脂質源を、アボカドやナッツや魚などの良質な脂に変える

炭水化物源を、砂糖などからさつまいもや米に変える

 

変えるだけなら、快感を得ることは可能です。

やめるのではなく、変えるダイエットは簡単ではないでしょうか?

ここからはじめてみてはどうでしょうか?

 

良質な脂質についての記事はこちら

www.nikirism.com

 

 

最後に、

僕は、ジャンクフードが大好きです。

ただ、この上述した源を変えた生活をすると

偶にジャンクフードを食べた時に体調を壊します笑

(特に、お店のジャンクフードではなくコンビニなど加工度が強いもの)

付き合い方を考えて、偶に楽しみましょう!