nikirism 

地方男子大学生トレーニーのブログ

大学生は、夏休みにアルバイトをしないほうがいい!


ブログランキングに参加しています!
応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

大学生は時間の価値に気付くべき

よく夏休みになると毎日バイトをして過ごす人や月10万稼いだ!と自慢する大学生がいますが、目先のお小遣いを増やし続けるだけの無駄な時間です。もちろん、中には学費や大学にかかる費用は全て自分で負担しているから、止むを得ずアルバイトをするしかないという人もいます。

 

大学生の夏休みという時間の価値に気付いていますか?

大学生の時間は価値化することができないほどの価値がありますが、多くの大学生が気づかずに時給950円で売っています。きっと社会人になってから後悔します。僕は現在大学四回生で、大学生の時間の価値に気付いたのは三回生になってからですが既に遅かったと後悔しています。

 

本記事では、夏休みを控える大学生の方、特にこれから初めての大学生の夏休みを迎える一回生の方に読んでもらいたいです。

 

 

大学生の強みと弱み

大学生という時間は、人生の夏休みだ!と言われます。この言葉は、ずっと遊べるというような意味で言われますが、その通りです。ここに隠されているのは、大学生にはずっと遊べる時間も体力もあるということです。定年を迎えた後、お金と時間はありますが体力はありません。

大学生は、時間と体力や若さの両方を手にしてる強み

時間と若さは、ほぼ同じで、だんだんと失なっていくものなので、今この瞬間が誰にとっても最も価値があります。しかし、世の中の価値を決めるのはお金です。

大学生には、お金がないという弱み

だからこそ、アルバイトをする人が多いです。しかし、定年後に時間とお金を手にしても使い切る体力がなく余る人が多いです。

そして、多くの大学生は弱みを補おうとしますが、価値的に考えると強みの方が大きいはずです。社会人になってから1ヶ月や2ヶ月の休みを買えることはできないはずです。また、若さなんて不可能です。

大学生は強みを生かすべき

 

アルバイトの必要性

大学生が、時間と若さという強みを使い何か行動をするためには必ずお金が必要です。だからこそ、最低限のアルバイトは必要だと思います。アルバイトの良さは、誰でも簡単にお金を手にすることができることです。

よくブロガーやフリーランスの方が書かれているのは、アルバイトは意味がないということです。ただ僕は、ブログをするにしても何をするにしても初動のお金は必ず必要だと思います。

 

こちらの記事でアルバイトを選ぶ時の1つの視点を紹介してます。

www.nikirism.com

 

 

ただ、アルバイトを長期休暇にするべきではない

理由は、効率が悪いからです。大学生の強みは、時間があることですが本業の学問にある程度拘束されます。それは、基本的には講義だと思います。特に一回生のうちは高校生の時と変わらないくらいの時間を大学に拘束されます。キツイかもしれませんが、どうせなら、この期間にアルバイトをするべきです。

 

また、夏休みシーズンは飲食店やショッピング系などバイトによっては通常より忙しくなるのに時給が変わりません。1.5倍働いても同じ時給なら、大学があるときにキツくてもバイトをするところに1.5倍の労力をかけた方が、夏休みという時間を手に入れれてお得です。

 

長期休暇を価値化する

 本当に時間が余るのは長期休暇で、この期間にアルバイトをするのは勿体ないです。

せっかく何百万というお金で手に入れた、2度と買えない時間をたった950円の時給で売ってしまうのは勿体ないです。価値化する方法としては、大学生の時にやっておいた方が良いことや、やるべきことに書かれていることです。具体的には、研究や読書や語学留学や海外旅行です。

 

僕は、夏休みの1ヶ月を旅行に費やした事があります。旅行だけしか経験してない僕でも、そういった記事に書かれていることは嘘ではないと言えます。でも、僕は好きな事をすればいいと思います。自分が、好きなことややりたいことを見つけて夢中になるのが最も価値があると思います。

 

今、AI化が発展し「人間らしさ」が問われています。人々は働き方を考え始め、お金よりもプライベートの充実を重視するようになっています。多くの人が、お金で価値化できない価値に気づき始めたんだと思っています。

 

大学生はお金がなくても、読書や旅行など長期休暇で何かする程度のお金は夏休み前の前期で貯めることができます。語学留学など数十万するかもしれませんが、社会人になってから語学留学することに比べれば高くないはずです。

お金で価値化できない価値を見つける価値に気づいてください。

 

おわりに

僕自身、大学生の時間という価値に気付いたのは三回生になってからで、もっと早く気付けれたらよかったと本当に後悔しています。正直、大学という時間は数百万の借金で手に入れたもので、どれだけバイトしても0にできない額です。だったら、僕が卒業した後で借金が投資だったと言えるくらいの成長や価値を身につける期間だと割り切った方がいいと思いました。

大学にかかる費用は、大卒の賃金なら最終的に誰でも回収でき生涯賃金としてはプラスになる投資だと言われていますが、甘いです。もっと欲を出して1より2を求めましょう。さらに、お金には変えられない価値を時間と若さを使い価値化してみてはどうでしょうか?僕も、この夏休みをどう過ごすか問われています!