nikirism 

地方男子大学生トレーニーのブログ

はてなブログには最強のコンテンツがある!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

先日、僕の読者登録数が100人を突破したという記事を書きました。そこでは圧倒的感謝とともに読者返しを期待してるなら外してくださいという生意気なことを書きました。その結果1日で20人増えるという現象が起きました…

先日の記事はこちら…

www.nikirism.com

 本記事では、1日で20人増えたことで考えたことから初心者雑魚ブロガーの僕がはてなブログには、最強のコンテンツがある!という話をします。30記事しか書いてないくせに!参考にならねえよ!!と思うかもしれませんが、僕と同じようなブログ初心者の人に1つの意見として届けばと思います。しかも、完全に僕の偏見なので先に言っておきます^^;

 

 

 

コンテンツとは何か?

ググると、中身や内容と出てきます。しかし僕は、世の中にある全てのものがコンテンツだと思っています。例え中身がないとしても世の中にある全てがコンテンツになる可能性があります。なぜならコンテンツかどうかを判断するのは人だからです。つまり、人がコンテンツを感じればコンテンツになります

例えば、発明です。歴史の中で僕たちが知っている発明は沢山あります。しかし、それはコンテンツとして評価されただけです。きっと世の中には、意味のない発明が沢山ありますが、僕たちが知らない、評価してないだけでコンテンツにならないのです。ノーベル賞でも受賞者がなくなってから評価されてきたものが多いのもそうです。

そして、ブログでいうコンテンツは記事です。記事にした瞬間にコンテンツ化することはできますが、誰からも読まれないとコンテンツになることはありません。だからこそブログは、読まれるための良質なコンテンツが求められます。

 

はてなブログ以外

良質なコンテンツってなに?

ブログを書いている人の多くは、ブログの記事が読まれるために良質なコンテンツが必要だと分かっていると思います。ブログでいう良質なコンテンツは、検索したユーザーが求めている情報を正確に満たしてあげる記事や価値のある記事です。このことは、よくいろんな記事でブログを書く上でのテクニックとして紹介されていることが多いです。例えば、記事に自分の体験談や経験を混ぜることで唯一無二の付加価値をつけることは最も簡単でよく聞きますよね。

 

良質なコンテンツの作り方

まず、良質なコンテンツだと判断するのがGoogleです。そして、ブログの記事がコンテンツである限り、良質なコンテンツとは検索ユーザーや読者様が満たされる記事である必要があるので、Googleの評価と検索ユーザーや読者様の評価を高めるのが良質なコンテンツの作り方になります。具体的に言われるのが、キーワード選定・ジャンルやカテゴリーの選択・読者のニーズを満たす・正確な情報・価値を提供する・誰にとっても分かりやすいなどと思います。

 

はてなブログ最強のコンテンツ

最強のコンテンツってなに?

良質なコンテンツを超えるコンテンツです。良質なコンテンツは、究極的にいうと人の評価によって変わります。検索ユーザーや読者様のニーズを全て満たすというのは、そもそも不可能なんです。なぜなら、人が評価する限り良質なコンテンツという定義や基準が存在しないからです。このことは検索すれば分かります。良質なコンテンツの書き方や注意点について書いてあるブログを読んでも、2つ読んだら2つとも違うことが書いてあります。

だからこそ、できる限りターゲットを決める・キーワードやジャンルを選ぶという検索ユーザーや読者様を絞っていくということしかできません。しかし、それができたとしても全ての人を満たすことはできないのです。

 

最強のコンテンツの作り方

じゃあどうすればいいの?

僕はこの記事で、1日で20人増えたということで記事にしています。これは、愛の読者様が僕をコンテンツ化したものです。つまり、最強のコンテンツは、コンテンツを作り提供するだけでなくコンテンツを読者様と作り上げていくことです。読者になるという機能は、検索して出てくる良質なコンテンツを提供するブログにはほとんどありませんが、はてなブログにはあります。はてなブログだからこそできることが重要だと僕は思いました。これは、他のブログではできないコンテンツです!!

そう思いませんか??笑

以上です!!

 

おわりに

100人突破の記事から1日で読者様が120人を超えました。本当に感謝しています。

100人突破の記事であんな生意気なことを書いておきながら、1人しか読者が減りませんでした。また、あの記事以降コメントしてもらえたり本当に嬉しいです。

読者様は愛の数だと言いました…これからも一緒に愛をコンテンツ化してください!!