nikirism 

地方男子大学生トレーニーのブログ

【就活】筋トレは就活で使うべき!! 〜実際の履歴書公開〜


ブログランキングに参加しています!
応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

・筋トレは就活に使えるのか?
・筋トレは履歴書に書けるのか?

・筋トレは就活的にどうなの?

・筋トレで自己PRは書ける?趣味は?

など、就活で筋トレを使っても大丈夫なのか不安に思う人も多いと思う。それもそのはずで、一部の大学では筋トレはバーベルクラブや筋トレ部など、きちんとしたサークルや部活動として成立しているところがある。しかし、ほとんどの大学が筋トレはサークルや部活動ではない。実際に身体を動かす程度の趣味で筋トレをしている人もいれば、部活動と同じようにボディビルなどの競技として筋トレをしている人もいる。ただ、部活動やサークルという名前がないだけで、やっていることは変わらないのに就活上不利にならないか?と疑問に思ったり、筋トレは趣味や遊びと捉えられるのではないか?と不安になる。しかし、筋トレは就活で使うべきだと思う。

本記事では、筋トレを就活に使う方法と実際に筋トレを履歴書に書いた例を紹介します。

 

 

筋トレは部活動・サークル活動か?

答えは、筋トレは部活動やサークル活動ではありません

理由は、筋トレをメインに活動している部活動やサークルがないのなら部活動やサークルとして成立していないからです。しかし、特に筋トレを競技にしている人は部活動と同じですし、趣味にしている人もサークルと同じ活動をしています。では、就活に使えることはできないのか?答えは筋トレは就活に使えることができます

なぜ筋トレは部活動・サークルになっていないの?

それは、その大学内での部活動やサークルの設立のルールなどが関係します。人が集まらない、責任者をつけれないなど様々だと思いますが、実際に作ろうと行動したことがある場合は履歴書に書いて面接官に触れられれば、そのように行動したことを話せるチャンスになります。また、競技の知名度も関係してきます。同じようにゴルフなどのスポーツもなかなか部活動やサークルになっていないです。しかし、世界的には競技として成立しています。筋トレも同じようにプロボディビルダーがいて、筋トレで生活している人もいるくらい、立派な競技です。今では、フィットネスモデルやフィジークやボディビルなど筋トレも複数のカテゴリに別れているので、特に筋トレを競技としている人は筋トレを競技だと説明できる準備はしておいた方がいいです。また、身体を動かす程度の趣味で筋トレをしている人も目指していますなど上手く絡めることで、筋トレを競技として取り組んでいるというアピールチャンスになります

 

筋トレを履歴書に書いてみた

筋トレが、部活動やサークルではないとわかりましたが、同じ性質であることがわかりました。なので、履歴書には書いて提出するべきで面接で聞かれたら答えれる準備をすることが大切です、では、実際に僕が履歴書に書いた文と一緒に意識した点など紹介します。

 

スポーツ・クラブ活動・文化活動などの体験から得たもの

筋トレを履歴書に使う

(見づらいかもしれません)

僕が書いた文は、書いている時も思いましたが改めて見るとひどいです。まず、趣味はから文を始めているのが致命的です。こういうようなところは多く目立ちますが、履歴書の書き方などを見て改善できます。意識したのは、筋トレによって何を得たかと質問通りの答えを返すところです。僕は、筋トレで筋肉がつきましたと書いてもいいと思いました。筋肉がついたという結果と筋トレという手段を上手く説明して、結果や目標を得るために何が必要かどうすれば良いかを正確に分析して適切な手段を考えることができるだけでなく、その計画を実際に行動に移し継続できる力など筋トレを言い換えることで書き方が広がります。

 

趣味・特技

筋トレ 履歴書 趣味・特技

(見づらいかもしれません)

これは、実際は4文書きました。この画像の後に今年は〇〇(地域名)大会に向けて頑張ってますと書きました。同じように改善点の多い文ですが、意識したのは趣味を書くだけでなく趣味の魅力を知らない人にもわかるように伝えるです。筋トレが好きな人は誰でも書けると思います。しかし、ここで就活的に受けの良いような文を書かないとと疑問に思う人が多いと思います。僕は趣味の欄は自分の趣味に対する熱を伝えた方がいいと思いました。実際に、大会に向けて頑張りますなんて書いても企業からしたらウケは良くないかもしれません。しかし、趣味の欄で〇〇の力を身につけました!みたいな例文を書いた方が嘘くさいと思います。趣味は好きだからやっている。その好きをいかに相手に伝えれるかが本当の意味ではないかと思います。相手を趣味を勧めるような感覚でいいと思います。

 

おわりに

最後まで読んでいただきありがとうございます。

どうでしたか?筋トレは競技でもあり部活動という名前がないだけで同じ活動をしていると思います。そこは、間違いないので筋トレは就活に使うべきです。実際に僕は、部活動やサークルはしたことがないですが、そのような欄全てに筋トレを書きました。課外活動の欄にも、何もしたことがなかったので筋トレと書きました。これは後でジムの先輩にも笑われましたが、問題ないです。筋トレを教えていますなどで立派な課外活動だと思います。筋トレをいろんな言葉に言い換えれば何にでも言うことができます。筋トレは就活で使うべきです。