nikirism 

地方男子大学生トレーニーのブログ

筋トレのやる気を出す方法は、休めば良い


ブログランキングに参加しています!
応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「今日、筋トレしたくない…」

筋トレ始めたばかりの人も、筋トレ上級者の人も思った事があると思います。筋トレが好きで週5~6回筋トレをしている僕も偶に筋トレのやる気が出ない時があります。例えば、仕事が疲れた・睡眠不足・体調不良・気分が乗らないなど理由は様々だと思います。

 

みなさんは、筋トレのやる気が出ない時どうしていますか?

モチベーションを上げるために筋トレの動画を見る、テンションの上がる音楽を聞く、プレワークアウトドリンクやエナジードリンクを飲むなど、様々な方法があります!

 

しかし本記事で紹介するのは、やる気がないときはやらなくてもいいんだよという結論です。

 

なぜ筋トレのやる気が出ない

筋トレのやる気が出ないというのは突然やって来ます。いつもなら筋トレをしているはずの疲労感でも今日は筋トレいきたくないなということもあります。多くの場合、筋トレのやる気が出ないのは気分の問題だと思います。そして、気分だからと行って、自分には根性がないなどと責めないでほしいです。この気分は、身体の純粋な声だと思ってもいいです。身体が筋トレをしたくないなら、筋トレをしない方がいいです。

 

筋トレをしている人の多くは、筋トレのオフを取ることを恐れますが筋肉の成長にはむしろ積極的なオフが重要です。なかなか筋トレを休めない人が多いと思いますが、筋トレのやる気がない時こそチャンスと思って休めばいいです。

 

危険なやる気を出す方法

僕は、プレワークアウトやエナジードリンクなどで無理やりやる気を出す方法は危険だと思います。特に、本当に疲労感や倦怠感が強い場合は脳が疲労している場合があります。これを、カフェインなどで騙しながらやる事が健康だとは思えないです。

筋トレというのは、多くの人が健康になるために行なっているものです。継続は大切ですが、一週間単位で見るのではなくて生涯スポーツだと思い長期的な単位で見ることをお勧めします。

 

筋トレを休むメリット

筋トレを休むことによってパフォーマンスが圧倒的に向上します。これを、筋トレの質が上がると言い、むしろオフにする事がトレーニングという人もいます。

質の高い筋トレというのは一回で100%の力を出せる筋トレで、質の低い筋トレは一回で力が出なかったり適当にこなすだけの筋トレです。質の高い筋トレは、毎回全力の筋トレができるので筋肉が成長し易いというメリットがあります。もちろん週5~7回筋トレをしている人も、同じように毎回全力の筋トレをしているのは間違いないです。

しかし、日常的にはありえない負荷を身体に与えているので身体は必ず疲労しています。多くの場合、いい意味でも悪い意味でも慣れて気づかないだけです。そして、気付く時が、筋トレのやる気が出ないという事です。

 

まとめ

筋トレのやる気を出す方法は、休むことです。

休むことで、次の筋トレのやる気を出せば良いのです。

 

おわりに

僕は、筋トレのやる気が出ないときは直ぐにオフにします。理由は、経験からやる気が出ない時に無理やり入っても良いトレーニングが出来ないことを知っているからです。多くのやる気が出る方法は、ジムに行くまでのやる気を出す方法だと思っています。ジムについたら確かに筋トレをやるしかないと思うのは当然です。ただ、トレーニング中に本当にキツいときに全く粘れません。前回のトレーニングを超える見込みが全くないのです。

そもそも、筋トレを好きでやっているので無理やり行こうとしなくて良いと僕は思います。好きなことでも、やる気がないことなんて当たり前にあります。筋トレを楽しむために休めば良いです。気楽にいきましょう!

 

ダイエットも同じだと思います。

www.nikirism.com