nikirism 

地方男子大学生トレーニーのブログ

【振り返り】減量期3ヶ月目〜悪循環という日常〜【フィジーク大会への挑戦】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィジーク大会までちょうど今日(2019/08/04)で1週間となりました。

本記事は、前回の記事の続きです。

www.nikirism.com

 

数回に分けて僕が行った減量を振り返っています。

 

前回の記事で、5月に行った減量はチートデイの導入と更にカロリーを下げました。

また、過去の経験からカロリーを下げる悪循環の怖さも紹介しました。

 

5月(減量2ヶ月目)は、その悪循環に入りつつあることに気づいていましたが、

6月もまたカロリーを落としてしまいました…

 

減量3ヶ月目(〜7月)

前回の記事で5月の後半は、ずっと69kg台で停滞したと書きました。

さすがに摂取カロリーが低いことに気づいていたので、6月は何かしないといけないと思いました。

(本当は摂取カロリーをあげて基礎代謝を上げることができれば一番良かったのですが、僕の場合は減量中だと、とにかくカロリーをあげたら太るんじゃないかと思ってしまい怖くてできません。)

 

・行ったこと:①カロリーを下げる

1900kcalから1800kcalに下げました

この時は、もう確実に悪循環に入っていると気づきました。

(1日に2時間くらいしか眠れないなど)

 

②PFCバランスの変更 

炭水化物を4割、タンパク質を4割、脂質を2割に変更

かなり炭水化物量が落ちました。

 

③チートデイをやめ、カロリー内でカーボサイクルさせる(6月前半)

僕の当時の1日の炭水化物量は150gでした。

1週間で1050g摂取できるので、それをトレーニング部位ごとに量を変え

脚や背中の日は多め、オフ日や腕肩の日は少なめにして揺さぶろうとしました。

f:id:nikirism:20190804152230j:plain

 

1週間に一度のチートデイで先月調子が良かったので、

カーボサイクルで1週間に何回も上下させようという狙いでした。

しかし、チートデイのような効果が全くなかったので2週間ほどでやめました

 

④チートデイを再開、内容変更(6月後半)

カーボサイクルが合わなかったので、これまで通り1週間に一度のチートデイを再開。

 

更に、チートデイの内容を変えました。

先月までは、脂質の低い炭水化物なら何でもたくさん食べていましたが

ブドウ糖果糖液糖が入っているものはやめ、

基本的には、米やサツマイモなどのでんぷん質を中心に意識しました。

(敢えて和菓子などの砂糖はやめなかった)

 

⑤朝の有酸素を開始(6月後半)

朝起きてグルタミンだけ摂取して、20分の散歩程度の有酸素を開始しました。

www.nikirism.com

 

・体重の推移

 6月前半は、69kg台でずっと停滞し続け偶に70kg台に戻るのを繰り返しました。

結局、5月から合わせると約1ヶ月停滞していることに焦り

カロリーを下げた中で有酸素を行うという悪循環行為を開始し

6月の後半は68.0〜68.4kgの間をずっと彷徨いました。(また停滞)

結局、6月中は68kgを切ることはありませんでした。

 

また、停滞か…本当にやばい…悪循環に入っていると確信した3ヶ月目でした。

 

・失敗の要因:①摂取カロリーを下げたこと

何度も書いていますが、摂取カロリーを下げるのは本当に最終手段です。

摂取カロリーを下げてもいいことは、何もないです。

 

②有酸素運動を開始したこと

摂取カロリーを下げ、消費カロリーを上げるのは悪循環の定番です。

 

③一度にたくさんやりすぎた

最低でも、PFCバランスの変更とカロリーを下げることを同時に行う必要はなかったです。

また、それを同時に行なった上に有酸素運動は自滅行為です。

完全に悪循環にダイブしてます。

 

・良かった点:①筋トレに影響がなかった

正直、驚きました。

確実に悪循環に入っているのに、トレーニングの強度が落ちませんでした。

むしろ、重量も回数も上がった種目があるくらいです。

 

②意味のわからない自論(仮説)を持ち始める

確実に悪循環に入っていると分かっていたので、筋トレの強度が落ちないことに驚きました。

そこで、僕は意味のわからない自論(仮説)を持つようになりました。

 

それは、

・オーバーカロリーにすればトレーニング強度が上がるわけではないから、アンダーカロリーでもトレーニング強度が落ちるとは限らない。

・増量期に筋肉に対して負荷を乗せるような適切なトレーニングができていれば、減量期にトレーニング強度は落ちない。落ちるとすれば、回数(脂肪が減り、関節に負担がかかるから)

などです。

(わけのわからない自論ですが、今では確信に変わりつつあるので別記事でまとめます。)

 

減量は、人それぞれやり方が違うとよくいうので僕も自論(仮説)を持ち吹っ切れることができました。

トレーニングは問題ないから、筋肉も問題ない。

あとは、睡眠だけが問題でした。

 

周りから見れば悪循環の中でも、僕は違うと思えました笑

(ほぼ逆ギレ笑。どう見ても悪循環です笑)

 

ただ、何か1つ軸があるだけでかなり楽でした。