nikirism 

地方男子大学生トレーニーのブログ

【コミュ障の男磨き】性欲がない俺のナンパのスタンス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コミュ障の俺がナンパ本を読み、ナンパを試みるも暇してるおっさんと世間話をして終わった。

www.nikirism.com

 

帰宅して何もしていないことに気づいた俺は、挨拶すらできないのか…

自分が情けなくて仕方がなかった。

 

それでも、俺はなぜ自分が情けないダサいやつなのか考えた結果

俺には性欲がないという結論にたどり着いた。

 

俺は、過去に頭や身体がおかしくなるほどの減量をしたせいで

食欲以外の欲望が一切なくなった日々を過ごしていた過去がある。

(現在は自身の編み出した性欲回復トレーニングにより回復)

 

ナンパというのは主に異性にする行為で、異性と何かしたいからナンパをする

それは、主に性行為が目的であると俺はナンパという言葉を聞いて思い浮かぶが間違いではないはずだ。きっと多くの人がそういったイメージをするに違いない。

 

では、性欲がない俺がナンパをする目的は何なのか真剣に考えてみた。

最終的にたどり着いた答えは、幸せを提供する

 

かなり上からに聞こえると思うし、俺もそう思う。

しかし、相手に幸せを提供できない奴がナンパをして時間を奪ってはならないはずだ

 

では、どしたら相手を幸せにできるのか

話が面白い、かっこいい、魅力的など様々な方法が思い浮かんできたが

総じて、男レベルが高いということだ。

 

結局、どの目的を取ってもナンパを手段として男磨きができることを確信した。

諦めかけてきた俺に、光が見えていきた。

 

相手を幸せを提供する。

俺のスタンスは、性行為がしたいのではない。

 

それでいいんだ。