nikirism 

地方男子大学生トレーニーのブログ

タピオカは太らない!タピオカに罪はない


ブログランキングに参加しています!
応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

タピオカブームが止まらない!!!

そんなブームの中で、

・タピオカが太る

・タピオカはカロリーが高い

などをよく目にしたので、実際にタピオカが何なのか調べて見たところ…

タピオカでは太るわけない!

という結論に至ったので、本記事でその経緯を説明します。

 

 

タピオカとは?

タピオカの由来は、ブラジルの先住民が使っていた言語でデンプンを意味する言葉。

キャッサバというイモから作られるデンプンで、これを水で溶き加熱し粒状にすることでタピオカパールになる。この状態だと無色透明なので、カラメルで色付けされ僕たちがよく見かける黒色になる。気候や土壌環境に問わず比較的容易に生産できるので大量に栽培することができ、初期コストもかからないのでブラジルなど地域によっては、主食として食べられている。

 

タピオカが太るは間違い

タピオカが、太ると言われている理由は様々ですが一般的には

・100gあたり約360kcal

・炭水化物の塊だから太る

この2つの理由が大きいと思いますが、間違っているので説明します。

 

100gあたり約360kcalの誤解

タピオカが100gあたり約360kcalあるので、ミルクティーと合わせると500kcal以上になるとよく見たり聞いたりしませんか?これは、間違いです。

確かにタピオカは100gあたり約360kcalありますが、これは乾燥状態のタピオカです。タピオカドリンクに、乾燥状態のパサパサのタピオカが入っているなら違いますが、ほとんどのタピオカドリンクは茹でたタピオカが入っています。タピオカは、茹でることで水分を含み膨らむので、重量が増えた結果グラム単位のカロリーは減少します。茹でた後のタピオカは100gあたり約60kcal

タピオカだけでなく、水分率で変わる食品は多くパスタなどを想像するとわかりやすいと思います。乾燥した状態のパスタ100gと茹でた後のパスタ100gだと、カロリーは異なります。

 

炭水化物の塊だから太るの誤解

タピオカは炭水化物の塊だから太ると言われていますが、そもそも炭水化物は太りません。全ては量が問題で、1日に炭水化物を食べずに肉だけ食べても太ることはできます。結局、太るのは炭水化物など特定の栄養素の問題ではなく摂取カロリーが消費カロリーを上回ることが原因です。そして、タピオカの炭水化物は他の炭水化物と比べると太りにくいと言えます。

皆さんは、中国の少女がタピリすぎて便秘や食欲不振、激しい腹痛で病院に搬送され、CTスキャンを行なったところ、胃から腸にかけてタピオカが消化されず詰まっていたというニュースを知っていますか?このニュースの後、タピオカは消化されないと話題にもなりました。しかし、この少女の場合は稀でおそらく考えられないほどのタピオカを日常的に飲んでいたからです。この消化されないというところが、タピオカが太りにくい炭水化物だと言える理由です。

タピオカの主成分であるデンプンには、難消化性デンプンが多く含まれます。難消化性デンプンは、食物繊維と同様の働きをするものでレジスタントスターチとも呼ばれます。これは、食物繊維のように腸内環境を整えたり、血糖値の上昇を抑制します。また、腸内環境が改善されれば便秘解消にもつながり、便秘が解消すれば美肌などのアンチエイジング効果も期待できます。

レジスタントスターチを使ったダイエット法はこちら

www.nikirism.com

簡単にまとめると、炭水化物は消費できない量を摂取し余ると体内で体脂肪として蓄積されますが、そもそも消化吸収されないなら蓄積することができないというわけです。もちろんタピオカの全てが難消化性デンプンではないので注意が必要です。また、消化されないからといって沢山タピると中国の少女のようになるので注意が必要です。

 

なぜタピオカは太ると言われるのか?

ブームと共に間違った情報が乗っかった

タピオカミルクティーを例にとると、タピオカミルクティーが700kcalあると言われています。それが、乾燥タピオカを基準に考えられた誤解だということは、ここまで読んだ人なら理解していると思います。

まず、茹でた後のタピオカは100gあたり約60kcalなので炭水化物量でいうと約15gです。炭水化物は、糖質と食物繊維の合計値なので糖質量でいうと15gは切ると考えられます。

では、ミルクティーのカロリーはどうでしょうか?リプトンのミルクティーで500mlあたり約200kcalです。これを基準として考えても全然700kcalには届かないので加糖して考えます。ガムシロップが1つあたり約30kcalなので、ガムシロップを10個入れれば約300kcalになるので、リプトンのミルクティー500mlとガムシロップ10個で約500kcalのミルクティーができます。茹でたタピオカを100g入れたとしても約560kcalです。

700kcalなんて、かなり難しいです。クリームを使ったスタバでもなかなか700kcalを超えるフラベチーのは見ないです。

 

まとめと注意

・炭水化物は太らない、量の問題

・タピオカ自体のカロリーは、言われているほど高くない

・タピオカの炭水化物は、どちらかというと太りにくい

・タピオカドリンクのカロリーは、ドリンクに気をつける

 

注意

と、まとめましたが全ての食材は、人によって太る食材にも痩せる食材にもなります

1日に一杯のタピオカドリンクしか食事をしなければ痩せます。タピオカで太ったといっている人の多くは、もともと1日の総摂取カロリーが消費カロリーを上回っているだけです。タピオカドリンク以外の食事で上回っている中で、タピオカドリンクを飲めば太るペースが加速するのでタピオカを飲んだら太ったと勘違いするのは仕方ないですが、タピオカに罪はありません。太るか痩せるかは、全て人によります。

 

おわりに

世間では、タピオカブームでタピオカのお店を出せば数千万儲かるとまで言われているほど流行しています。しかし、このブームの中でも田舎に住んでいる僕は地元で、タピオカの店や名物の行列すら見たことがないです。このブームの中でタピオカが太るという情報をSNS上でよく見かけたので、調べて見たところ全くそんなことはありませんでした。

(そもそも、僕はこの世の中に太る食材など存在していないと思ってます。もし仮に摂取カロリーが消費カロリーを下回っても、太ることができる食材があるのなら、世界が大金を注いで栽培法を確立すると思います。そして飢餓は減っていきます。)

 

タピオカが太るという情報が世に流行してしまったらタピオカブームが終わってしまい、僕はタピオカを飲めなくなると思い本記事を書きました。タピオカに罪はありません。太る食材など、この世にないのだから…